不動産を売る際にかかる費用を買取と仲介の売却方法別でご紹介します。

不動産を売る際にかかる費用について

不動産を売却する業者

 

不動産を売る際にかかる費用は売却方法や契約内容によって変わりますが、買う時に比べると割安です。
高く売るためにリフォームする場合を除いて、基本的に買い手が見つかる前に出費が必要になることはありません。
よほど価値の低い物件を除いて持ち出し費用が発生することはないですが、売却手段別の費用の違いを理解して、売却方法の選定と売り出し価格の設定をしましょう。

 

 

売主負担の費用の種類

不動産を売る際に売主負担が必要な費用を項目別にまとめました。

 

売却手段を問わずかかる費用
  • 印紙代 … 例:5,000万円以内1万円、1億円以内3万円
  • ローン抵当権抹消登記 … 法定費用と司法書士報酬で2~10万円ほど
  • 引っ越し代 … 規模に応じて大きく変動

 

買取にかかる費用
  • 測量費用 … 買取業者から求められた場合のみ、30~70万円が相場

 

仲介にかかる費用
  • 仲介手数料 … 400万円以上で3%+6万円以内
  • リフォーム費用 … 事前に行う場合、費用はピンキリ
  • ホームインスペクション(住宅診断) … 売主負担で事前に行う場合のみ、3~10万円が相場

 

 

買取は印紙代以外かからないことも

安価で購入できるイメージ画像

 

業者に不動産を売る買取の場合、測量を求められない空き家の状態であれば、費用が印紙代しかかからないことが多いです。
古い家で確定測量をしていない土地や戸建ての場合は測量を求められることが多いので注意しましょう。
なお、不動産取引に関する印紙代の金額は取引価格に応じて以下の通りです。

 

500万円以下 1,000円以内
500万円超え1,000万円以下 5,000円
1,000万円超え5,000万円以下 10,000円
5,000万円超え1億円以下 30,000円
1億円超え3億円以下 60,000円

 

仲介は売れなければ完全無料

仲介で売る場合、古い建物を高く売るためにリフォームや検査を受ける場合を除いて、売主を見つけるまでの広告料などは仲介業者負担です。
仲介を依頼して売れなかった場合は、費用が一切かからないので安心してください。
売れた場合は、売買契約以降に2回に分けて仲介手数料を払う流れが一般的です。

 

 

仲介手数料は値引きができる?

手数料の値引き交渉をする売主と仲介業者

 

仲介手数料は宅地建物取引業法によって以下の上限額が定められています

 

200万円以下 5%
200万円超え400万円以下 4%
400万円超え 3%

 

400万円を超える不動産は必然的に3%+6万円になる仕組みです。
上記はあくまでも法律で定められた上限で、仲介業者が応じれば値引きできます。

 

相場は上限である3%+6万円ですが、一部の仲介業者は10~30%の値引きを提示していることがあります。
ただし、当初から不動産仲介業者が値引きを前提に集客しているような所は、広告費用をケチるなど粗悪な対応をされることが多いのでおすすめできません。
高く売るには仲介手数料の上限を負担する気持ちを持っておくとよいでしょう。

 

例外として隣接する家の所有者が買うことが決まっているなど、買い手が決まっていてトラブル防止を目的に仲介業者を噛ませる場合は、売主側の仲介手数料を無料で対応してもらえるケースがあります。
このほか、数十万円程度の値引き交渉で折り合いが付かない場合に、仲介業者が10~30%の手数料値引きを行って成約するように提案するケースがあります。

TOPへ